小満(しょうまん)− 二十四節気

小満(しょうまん)− 二十四節気

 小満(しょうまん)− 二十四節気

小満(しょうまん)− 二十四節気

5月21日頃(2021年は5月21日)〜芒種(6月6日頃)まで

「小満(しょうまん)」は陽気が良くなって、草木が生長して次第に茂る頃を指します。

ようやく暑さも加わり、山野の草木の葉が生い茂り、葉の色が濃くなり、実をつけ始めます。麦の穂が育ち、梅の実がなる季節となります。
西日本では梅雨のような空になる日が近づいて、これを走り梅雨』とも言います。農家では田植えの準備を始める頃となります。

走り梅雨』は、「梅雨の走り」ともいい、本格的な梅雨に入る前のぐずつく天候のことで、この後晴れた日が続き、その後本格的な梅雨に入ります。