hamnの記事一覧

並べ替え
小雪

小雪(しょうせつ)− 二十四節気

 小雪(しょうせつ)− 二十四節気小雪(しょうせつ)− 二十四節気 11月23日頃(2021年は11月23日)〜大雪(12月7日)まで 北国から雪の便りが届く頃ですが、「小雪(しょうせつ)」は冬の入口にあたり、まだ本格的な冬の訪れではありません。 紅葉が落ち始め、山々ではチラチラと雪が降り始めるという意味です。雪といっ...
519 PV
立冬

立冬(りっとう)− 二十四節気

 立冬(りっとう)− 二十四節気立冬(りっとう)− 二十四節気 11月8日頃(2021年は11月7日)〜小雪(11月22日)まで 「立冬(りっとう)」とは、冬の始まりのこと。 「立」には新しい季節の到来という意味があり、「立」がつく節気の立春、立夏、立秋とならんで四立(しりゅう)ともいい、四季の始まりを表す季節の大きな...
567 PV
霜降(そうこう)− 二十四節気

霜降(そうこう)− 二十四節気

 霜降(そうこう)− 二十四節気霜降(そうこう)− 二十四節気 10月23日頃(2021年は10月23日)〜立冬(11月7日)まで 秋が一段と深まり、山里に霜(しも)が降りる時期が「霜降」です。朝晩の冷え込みが一層厳しくなり、朝昼との寒暖の差ができ、紅葉が鮮やかになっていきます。 霜は、冷たい空気によって大気中の水分が...
587 PV
寒露(かんろ)− 二十四節気

寒露(かんろ)− 二十四節気

 寒露(かんろ)− 二十四節気寒露(かんろ)− 二十四節気 10月8日頃(2021年は10月8日)〜霜降(10月23日)まで 寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。 露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになります。渡り鳥が北から渡ってくるのもこの...
716 PV
秋分(しゅうぶん)− 二十四節気

秋分(しゅうぶん)− 二十四節気

 秋分(しゅうぶん)− 二十四節気秋分(しゅうぶん)− 二十四節気 9月23日頃(2021年は9月23日)〜寒露(10月8日)まで 春分と同じく、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。この日を境に夜が長くなります。また、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、秋分の日を境に気温も下が...
616 PV
白露(はくろ)− 二十四節気

白露(はくろ)− 二十四節気

 白露(はくろ)− 二十四節気白露(はくろ)− 二十四節気 9月8日頃(2021年は9月7日)〜秋分(9月23日)まで この頃になると、さらに朝と夜の気温の低下が著しくなるため、朝露が発生しやすくなります。 朝の光に照らされた露が白く輝くように見えることから、白露と名付けられたようです。 日本では秋の色のイメージとして...
473 PV
立秋

立秋(りっしゅう)- 二十四節気

 立秋(りっしゅう)- 二十四節気立秋(りっしゅう)- 二十四節気 8月8日頃(2021年は8月8日)〜処暑(8月23日)まで 朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つころ。 立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋。暦の上では秋になりますが、日中はまだ残暑が厳しく1年で最も気温が高くなる時期です。 8月13...
358 PV
五十嵐カノア「海の神様にありがとう」

五十嵐カノア「海の神様にありがとう」

 涙の銀と「海にありがとう」「東京五輪・サーフィン男子・決勝」(27日、釣ケ崎海岸サーフィンビーチ)  東京五輪から新種目となったサーフィンで五十嵐カノア(23)は2019年の世界チャンピオンであるイタロ・フェレイラ(ブラジル)に敗れたが、銀メダルを見事に獲得。  準決勝では、華麗なる大技を決めて勝ち抜いたが、決勝では...
749 PV
東京オリンピック

水谷・伊藤ペア悲願のオリンピック卓球初の金メダル!

 中国独占の卓球界の歴史を変えた”みまじゅん” 「東京五輪・卓球混合ダブルス・決勝」(26日、東京体育館) 今大会から採用された混合ダブルスで、世界ランキング2位で第2シードの水谷隼、伊藤美誠組が、日本卓球界初の金メダルに輝いた。 銀メダルの許シン、劉詩ブン組(中国)は、19年世界選手権の個人戦...
699 PV
ブルーインパルス 2020東京オリンピック

ブルーインパルス 2020東京オリンピック

 Blue Impulse Olympics opening day exhibition flightブルーインパルス 東京都心上空に五輪マーク 航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が2020オリンピック東京大会開会日となる7/23(金)、東京都内を中心に編隊による展示飛行を行った。 青、黄、黒、緑...
666 PV