hamnの記事一覧( 2 )

並べ替え
covid-19

新型コロナウイルス・タイムライン

 COVID-19 Timeline世界的に拡がりをみせている感染力の強い新型コロナウイルスに我が国はどう戦い抜くことができるでしょうか?警鐘の意味をこめて、日本における新型コロナウイルスの感染状況を時系列で記録していきます。
1330 PV
夏至

夏至(げし)− 二十四節気

 夏至(げし)− 二十四節気夏至(げし)− 二十四節気 6月21日頃(2021年は6月21日)〜小暑(7月7日頃)まで 「夏至(げし)」は一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日です。冬至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上となり、夕方になっても外が明るく、昼間の時間が長くなったことを実感できます。 冬至にはかぼちゃを...
630 PV
芒種

芒種(ぼうしゅ)− 二十四節気

 芒種(ぼうしゅ)− 二十四節気芒種(ぼうしゅ)− 二十四節気 6月6日頃(2021年は6月5日)〜夏至(6月21日)まで 芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節ということから、「芒種」と言われていますが、実際の種まきは、これよりも早い時季に行われます。 『芒』とは、米や麦などイネ科の植物で、花の外...
554 PV
小満

小満(しょうまん)− 二十四節気

 小満(しょうまん)− 二十四節気小満(しょうまん)− 二十四節気 5月21日頃(2021年は5月21日)〜芒種(6月6日頃)まで 「小満(しょうまん)」は陽気が良くなって、草木が生長して次第に茂る頃を指します。 ようやく暑さも加わり、山野の草木の葉が生い茂り、葉の色が濃くなり、実をつけ始めます。麦の穂が育ち、梅の実が...
548 PV
立夏

立夏(りっか)− 二十四節気

 立夏(りっか)− 二十四節気立夏(りっか)− 二十四節気 5月6日頃(2021年は5月5日)〜小満(5月21日)まで 「立夏(りっか)」は暦の上での夏の始まり。この日から「立秋」の前日までが夏季になります。 九州では麦が穂を出し、北海道では馬鈴薯や豆の種まきが始まる新緑の季節でもあります。 夏といっても、本格的な夏は...
541 PV
穀雨

穀雨(こくう)− 二十四節気

 穀雨(こくう)− 二十四節気穀雨(こくう)− 二十四節気 4月20日頃(2021年は4月20日)〜立夏(5月6日頃)まで 「穀雨(こくう)」は、「雨降って百穀を潤す」ことから名づけられたもので、春雨で潤った田畑は種まきの好期を迎えます。この時季までは春の変化ある気候でしたが、穀雨の頃になると気候が安定してくるため、種...
542 PV
清明

清明(せいめい)− 二十四節気

 清明(せいめい)− 二十四節気清明(せいめい)− 二十四節気 4月5日頃(2021年は4月4日)〜穀雨(4月20日頃)まで 「清明(せいめい)」は、「清浄明潔(せいじょうめいけつ)」という言葉を略したもので、全てのものが明るく清らかで生き生きとしている頃という意味です。 草木が生命力にあふれ、生き物が元気に動き回ると...
567 PV
春分

春分(しゅんぶん)− 二十四節気

 春分(しゅんぶん)− 二十四節気春分(しゅんぶん)− 二十四節気 3月21日頃(2021年は3月20日)〜清明(4月5日頃)まで 「春分(しゅんぶん)」は、昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日から夏至まで昼がだんだん長くなり、夜が短くなります。実際は昼の方が少し長い。 その日「春分の日」は「自然をたたえ、生物をいつく...
528 PV
啓蟄

啓蟄(けいちつ)− 二十四節気

 啓蟄(けいちつ)− 二十四節気啓蟄(けいちつ)− 二十四節気 3月6日頃(2021年は3月5日)〜春分(3月21日頃)まで 「啓蟄(けいちつ)」は『蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)』から来た言葉で、啓は「ひらく」、蟄(ちつ)は「土中で冬ごもりしている虫」の意味で、冬眠していた虫が、大地が暖まり春の訪れを感じ、穴か...
554 PV
雨水

雨水(うすい)− 二十四節気

 雨水(うすい)− 二十四節気雨水(うすい)− 二十四節気 2月19日頃(2021年は2月18日)〜啓蟄(3月6日頃)まで 「雨水(うすい)」には、空から降るものが雪から雨に変わり、これまで積もっていた雪や氷が解け始めて溶けて水になる、という意味があります。これまで雪ばかりだったのが、少しずつ雨に変わるという時期ですが...
560 PV