1990年(平成2年)ランキングNo.1 

1990年(平成2年)は、こんな年
ついにバブル経済の崩壊が始まった1990年であったが、海外旅行者数も1000万人を突破し、まだまだ世の中は浮足だったままであった。

「オヤジギャル」が増え、送り迎えの「アッシーくん」、食事をおごってくれる「メッシーくん」、新婚旅行から帰国後に別れる「成田離婚」と女性が強くなりつつある年でもあった。

ヒット曲で時代をプレイバック

1990年(平成2年)ランキング No.1

シングル おどるポンポコリン(B.B.クイーンズ)
LOVE WARS(松任谷由実)
邦画 天と地と(榎木孝明、津川雅彦)
洋画 バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(マイケル・J・フォックス)
人気番組 ちびまる子ちゃん(フジテレビ)
本 愛される理由(二谷友理恵)

おどるポンポコリン(B.B.クイーンズ)

シングル「おどるポンポコリン」は、フジテレビで1990年1月7日よりオンエアされたTVアニメ『ちびまる子ちゃん』のエンディングテーマ。作詞:さくらももこ、作詞・編曲:織田哲郎で1990年4月4日にBMGビクターから発売。

1990年、B.B.クイーンズはこの曲でデビュー。同年のオリコン年間シングルチャート1位のヒットとなり、第32回日本レコード大賞ポップス・ロック部門を受賞し、『第41回NHK紅白歌合戦』に出場。

LOVE WARS(松任谷由実)

LOVE WARS』(ラヴ・ウォーズ)は、松任谷由実(ユーミン)の21枚目のオリジナルアルバム。1989年11月25日に東芝EMIからリリース。

1990年度年間1位(オリコン)、1990年の第32回日本レコード大賞ポップス・ロック部門優秀アルバム賞、第4回日本ゴールドディスク大賞〈The Grand Prix Album of the Year〉を受賞。

LP盤としてのリリースはこのアルバムが最後であったが、駅と電車の車内へのポスター掲示、70あまりの雑誌に広告掲載、460本のテレビCM、1010本のラジオCMを流すという、当時のレコード業界としては異例の大規模宣伝を打ち成功した。

天と地と

邦画『天と地と』(てんとちと)は、1990年6月23日に公開された角川映画。

原作は、海音寺潮五郎の歴史小説で戦国時代に天才的な軍略の才で越後国を統一し、名将である甲斐国の武田信玄と名勝負を繰り広げた上杉謙信を描く。

監督:角川春樹 出演者:榎木孝明津川雅彦浅野温子
当初は渡辺謙が主役をつとめていたが、白血病で降板し、榎木孝明が演じた。
主題歌は、小室哲哉「天と地と〜HEAVEN AND EARTH〜

製作費は50億円、配給収入50億5000万円で数字の上では大ヒットの作品であったが、バブル景気時に企業から出資を受けて、企業の団体動員に支えられた前売り券映画のため、劇場は閑散としていたという。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

洋画バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』(Back to the Future Part II)は1989年のアメリカ映画で、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ3部作の2番目の作品。

監督はロバート・ゼメキスで、この作品で監督としての名声を上げ、1994年の『フォレスト・ガンプ/一期一会』でアカデミー作品賞・監督賞を受賞した。日本公開は1989年12月9日。製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグが名を連ねている。

出演:マイケル・J・フォックスクリストファー・ロイド

ちびまる子ちゃん(フジテレビ)

人気番組ちびまる子ちゃん』(ちびまるこちゃん)は、1990年1月7日からフジテレビオンエアされてテレビアニメ。原作はさくらももこによるコメディ漫画。

第1期は1990年(平成2年)1月7日に始まり、1992年(平成4年)9月27日まで全143話放送され、エンディングテーマの『おどるポンポコリン』(B.B.クィーンズ)の大ヒットの波にも乗り、1990年のキャラクター商品の売上額は年間100億円以上を記録するなど、この年に大ブームを引き起こした。

第2期は1995年(平成7年)1月8日より放送が続き、スペシャルドラマ版やレギュラードラマ版の実写版も放送された。

原作者のさくらももこは、2018年8月15日にがんのために53歳で死去。それは、作品中にもよく登場させていたご贔屓のアイドル歌手西城秀樹の死去から約3ヶ月後のことであった。

愛される理由(二谷友理恵)

本二世タレントの二谷友里恵が昭和からのアイドル歌手である郷ひろみと1987年に結婚し、2女を授かる。「愛される理由」は、その本人が出会いからニューヨークへ移住した2年間の結婚生活を赤裸々に書いた告白本。

この「愛される理由」は、出版部数70万部を超えるベストセラーとなり、1990年度の書籍売り上げ1位を獲得。
書籍のタイトルが女性たちの心をキャッチし、流行語にも選ばれるほどの人気を集めた。

しかし、1998年、郷ひろみと二谷友里恵は約11年の結婚生活にピリオドが打ち離婚する。そのタイミングで郷ひろみが発表した告白本「ダディ」はミリオンセラーになる。

その後、二人は別々に伴侶を得ることとなり、娘の面会権で裁判になるなど、出版業界に彩りを添えたベストセラー「愛される理由」は次第に色褪せてしまった。

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です