5月23日 – 今日は何の日?

5月23日 – 今日は何の日?

No Event

 ピックアップ TODAY!

キスの日」とは?

5月23日は、キスの日(KISSデー)という記念日です。
キスの日(KISSデー)は、日本で初めてとなるキスシーンが登場する映画、佐々木康監督の「はたちの青春」が封切されたのにちなんで制定された記念日です。

 

「日本のキス映画」とGHQ

なぜ5月23日がキスの日として記念されているのでしょうか?実は、日本で初めてキスシーンが登場する映画である「はたちの青春」が、1946年5月23日に封切られたことにちなんで制定されたのです。

では、この記念日は誰によって制定されたのでしょうか?調べてみると、日本記念日協会にも登録されておらず、具体的な答えは得られませんでした。

では、「はたちの青春」ではなぜキスシーンが登場したのでしょうか?当時の映画製作はGHQの検閲下にあり、脚本も検閲を受けていました。そして、GHQが設置した部署である「民間情報教育局(CIE)」が検閲を行っていました。

この民間情報教育局(CIE)が、「はたちの青春」の脚本をチェックした際に、前に見たものと違うと指摘し、さらに接吻の場面を追加することを要求したのです。しかし、その理由は明確にはわかっていません。

実際に、映画で描かれたキスシーンの内容はどうだったのでしょうか?実は、主演の大坂史郎と幾野道子が、唇をほんのわずかに触れ合わせるだけのシーンでした。しかし、それでも大きな話題を呼んで、映画館は連日満員となるほどの人気を博しました。

世界の「キスの日」は?

世界的イベントである「キスの日」は、毎年7月6日に開催されます。海外では、子どもから大人まで多くの人たちが、キスをしている様子を写真に収めて、SNSなどでシェアするようになっています。

この「キスの日」は、イギリスで19世紀末に始まったと言われています。当時、恋には「キス」が欠かせないものであるとされ、そこから「キスの日」が誕生しました。

現在では、国連でも「世界キス・デー」が公式に認定され、世界中で様々なイベントが行われています。プレゼントや賞品が贈られたり、キスの長さや美しさを競うコンクールも行われます。

また、2月12日も世界キス・デーとして祝われています。この日は、バレンタインデーの2日前となるため、恋人同士が特別にキスを交わす日として重要視されています。

海外においても、キスの日は、国によって異なる日に設定されています。例えば、インドでは2月12日、2月13日がキスの日とされており、アメリカでは4月13日、9月8日が記念日です。

日本では5月23日にキスの日が設定されていますが、韓国では6月14日、イギリスでは7月6日、オーストラリアでは8月25日がそれぞれのキスの日となっています。インドのキスの日には、3500年以上前にウェーダと呼ばれる聖典にキスに関する記述があったとされており、その長い歴史に感動します。

 

 歴史上の出来事

 記念日・行事・お祭り

  • 世界カメの日(世界)
    米国カメ保護会が2000年に制定。亀について知り、亀に敬意を払い、亀の生存と繁栄のための人間の手助けをする日。
  • キスの日
    1946年5月23日に、日本で初めてキスシーンが登場する映画である、佐々木康監督の『はたちの青春』が封切りされたことから。恋人や家族など大切な人に想いを届ける日。
  • 恋文の日/ラブレターの日
    松竹が制定。5月23日の「523」が「こいぶみ」と読めることと、浅田次郎原作の映画『ラブ・レター』の公開初日であったことから。恋人や家族など大切な人に想いを届ける日。
  • 難病の日
    日本難病・疾病団体協議会(JPA)が制定。「難病の患者に対する医療等に関する法律」(難病法)(平成26年法律第50号)が成立したことを記念して、毎年5月23日を「難病の日」に登録。

 本日の誕生日

5月23日には、サトウハチロー(詩人)、ルーベンス・バリチェロ(レーシングドライバー)、三田友梨佳(アナウンサー)、夏菜(女優)が誕生しています。(敬称:略)