4月18日 – 今日は何の日?

4月18日 – 今日は何の日?

No Event

ピックアップ TODAY!

「発明の日」とは

4月18日は「発明の日」です。1885年(明治18年)、この日、現在の「特許法」の前身となる「専売特許条例」が公布され、日本の特許制度が始まりました。

1954年(昭和29年)、特許庁と科学技術庁(現:文部科学省)が産業財産権制度の普及・啓発を目的に「発明の日」を制定しました。特許法でいう発明とは、「自然法則を利用した技術的思想創作のうち高度なもの」とされています。

「特許法」

特許法は、発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、産業の発達に寄与することを目的としています。現行の特許法は、1959年(昭和34年)に成立し、その後、数度の一部改正を経て現在に至っています。

特許として認められる発明の要件は、「産業上利用できる発明であること」「新しいものであること」「容易に考え出すことができないこと」「先に出願されていないこと」「公序良俗を害さないこと」の5つとされています。

1960年(昭和35年)、科学技術について広く一般の関心と理解を深め、科学技術の振興を図るために、2月26日の閣議了解に基づいて「発明の日」を含んだ一週間を「科学技術週間」と定めました。

特許の出願は毎年十数万件あり、申請許可されるのはその3割、商品化されるのはそのまた2割という割合です。不許可になるものは、すでに特許出願がされているケースがほとんどです。「発明の日」には地方経済産業局などが様々なイベントを開催しています。

「日本の十大発明家

特許庁は4月18日の「発明の日」を記念して、ユーチューブ動画「ここがすごいぞ!日本の十大発明家」を作成しています。「日本の十大発明家」である豊田佐吉(木製人力織機)、御木本幸吉(養殖真珠)、鈴木梅太郎(ビタミンB1)の3人について、その功績や発明に至ったエピソードを、現職の特許審査官が紹介しています。

日本の十大発明家は下記のとおり。
豊田 佐吉(木製人力織機)、(御木本 幸吉(養殖真珠)、高峰 譲吉(アドレナリン)、池田 菊苗(グルタミン酸ソーダ)、鈴木 梅太郎(ビタミンB1)、杉本 京太(邦文タイプライター)、本多 光太郎(KS鋼)、八木 秀次(八木アンテナ)、丹羽 保次郎(写真電送方式)、三島 徳七(MK磁石鋼)

記念日・行事・お祭り

・世界アマチュア無線の日 1925年4月18日、パリ大学国際アマチュア無線連合 (IARU) 結成総会が行われたことを記念し、IARUが1973年に制定。
・発明の日 1885年のこの日に現在の「特許法」の元となる「専売特許条例」が公布されたことに由来し、発明協会が1954年に制定。

・お香の日 595年4月に淡路島に香木が日本に漂着したという最初の記録が日本書紀にあることに由来する。4月と「香」を分解した「一十八日」にかけて、全国薫物線香組合協議会が制定。

・よい歯の日 「よ(4)い(1)は(8)」の語呂合わせで日本歯科医師会が1993年に制定。

 

歴史上の出来事

2010年(平成22年)
阪神タイガースの金本知憲が更新していた連続試合全イニング出場が、1,492試合で止まる。
1991年(平成3年)
日本の海部俊樹首相とソ連のミハイル・ゴルバチョフ大統領が日ソ共同声明に署名。北方領土四島を領土画定協議の対象とすることで合意。
1980年(昭和55年)
ジンバブエがイギリスより独立
1973年(昭和48年)
許諾を得ないレコードの複製からのレコード製作者の保護に関する条約(通称ジュネーブ・レコード条約)発効。
1956年(昭和31年)
モナコ大公レーニエ3世がアメリカの映画俳優グレース・ケリーと結婚。
1943年(昭和18年)
第二次世界大戦: 山本五十六海軍大将が、搭乗機をアメリカ軍機により撃墜され戦死
1927年(昭和2年)
南京国民政府(蔣介石政権)が樹立され、中国共産党が排除される。(国共分裂)
1923年(大正12年)
ヤンキー・スタジアム開場。
1771年(明和8年3月4日)
杉田玄白前野良沢らが、死刑囚の解剖を見学、医学書『ターヘル・アナトミア』の翻訳にとりかかる。
1268年(文永5年3月5日)
北条時宗鎌倉幕府執権に就任。

今日の誕生日

 Wikiedia誕生日