「ラグビーのルール」タッチ編

Embed from Getty Images

ラグビーでは、相手ゴールに向かってボールを前進させる方法は、 「ボールを持って進む」 「キックする」の2つだけです。

「タッチキック」は、ボールをタッチライン(サイドライン)の外に蹴り出すプレーで、主に陣地を確保する為に行われますが、キックを蹴った状況によって再開位置が異なることに注意が必要です。

ペナルティキックの場合は、キックの位置やバウンドの有無に関わらず、タッチへボールが出た地点からペナルティキックを蹴ったチームのラインアウトで再開となります。
しかし、インプレー中のキックに関しては、すべて相手ボールラインアウトでの再開になりますが、キックを蹴った状況によって再開位置が異なり、ちょっと複雑です。

  • 蹴った位置が22mラインの内側か外側かどうか
  • タッチラインの外にボールは直接出たのかバウンドして出たのか

22mラインとはトライラインとハーフラインの間にある実線のラインのこと。

表でまとめると

キックの状況 バウンドの有無 再開位置
22mラインの内側から 無し ボールがタッチラインを割った地点から
22mラインの外側から 無し キックを蹴った真横の地点から
ボールを22mラインの
外側から内側に戻してから
無し キックを蹴った真横の地点から
どの位置からでも 有り ボールがタッチラインを割った地点から

 

2番目のケースのように、キックを蹴った地点の真横から再開することをダイレクトタッチ」といいます。

3番目のケースで詳細に書いていくとビギナーにとって複雑で面倒になってしまいますので、要は「基本はボールが出た位置から再開」と覚えておきましょう。

動画でキックによる陣地のかせぎ方を学びましょう!

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]
この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です