今日の暦

令和4(2022)年
5月17日 (火)
皐月
 友引 庚 午
旧4月17日

五十嵐カノア「海の神様にありがとう」

五十嵐カノア「海の神様にありがとう」
[スポンサーリンク]

 涙の銀と「海にありがとう」

「東京五輪・サーフィン男子・決勝」(27日、釣ケ崎海岸サーフィンビーチ)

 東京五輪から新種目となったサーフィンで五十嵐カノア(23)は2019年の世界チャンピオンであるイタロ・フェレイラ(ブラジル)に敗れたが、銀メダルを見事に獲得。

 準決勝では、華麗なる大技を決めて勝ち抜いたが、決勝では台風8号の影響で荒れ狂う釣ケ崎海岸の波にうまく乗れず、苦戦。「チャンスがなかったのは本当に悔しい。このスポーツはそういうこともある」。金メダルを強く意識してきただけに、競技直後は敗戦を受け入れることができず、ままならない自然の厳しさのしばらく海から上がることができなかった。

 その後、波打ち際で正座し、海に深々と座礼。「悔しかったけど、悔しい中でもありがたいと思って。海の神様にありがとうと言った。4年間の準備があった。ここまでよくやったなと自分でも思いました」。競技が終わると、空には虹がかかる。自分との闘い、自然との闘いが終わり、瞳に銀の涙をにじませていた彼の表情にも、かすかに笑顔が浮かんだ。

 ◆五十嵐カノア 1997年10月1日、日本人の両親のもと米国で生まれる。カノアはハワイ語で自由の意味。父親の勉さんがいつかサーフィンの聖地であるハワイで認められるサーファーになるようにと名付けたという。2019年チャンピオンシップツアー第3戦で日本人初優勝を果たす。英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語の5国語を話す。

五十嵐カノア
出典:2位に終わった五十嵐カノア(撮影・堀内翔)((C)デイリースポーツ)

[スポンサーリンク]