6月21日 – 今日は何の日?

6月21日 – 今日は何の日?

No Event

 ピックアップ TODAY!

「キャンドルナイトの日」とは?

キャンドルナイトの日は、毎年6月21日に行われるイベントです。このイベントは、1999年にカナダで始まり、現在では世界各地で開催されています。キャンドルナイトの日は、地球温暖化や核戦争など、世界が直面する様々な問題について考える時間です。参加者は、2時間間、電気を消してキャンドルの灯りで過ごします。このイベントは、地球環境や平和について考えるきっかけを与え、世界中の人々がつながる機会となっています。

日本では、2001年に「100万人のキャンドルナイト」という団体によってキャンドルナイトの日が初めて開催されました。この団体は、地球環境や平和を守るために活動している団体です。キャンドルナイトの日は、この団体によって毎年開催されており、多くの人々が参加しています。

キャンドルナイトの日は、地球環境や平和について考えるきっかけを与えるイベントです。このイベントに参加することで、私たちは地球環境や平和について考える機会を得ることができます。また、このイベントに参加することで、世界中の人々とつながり、地球環境や平和について考えるきっかけを与えることができます。

キャンドル

キャンドルの光効果について

キャンドルの光は、心理的な効果や癒し効果を持つとされています。以下にいくつかの光の効能を紹介しますが、科学的な裏付けは限定的であり、個人の感じ方や信念によっても異なる場合があります。

  1. リラクゼーション効果:キャンドルの柔らかな光は、リラックスや安らぎをもたらすと言われています。点灯されたキャンドルの光を見つめることで、心地よい雰囲気が生まれ、ストレスの緩和やリフレッシュ効果を感じることができるかもしれません。
  2. 瞑想や集中力の向上:キャンドルの明かりを使った瞑想や集中トレーニングは、長い歴史を持つ実践です。炎の揺らめきに集中することで、心の集中力を高め、マインドフルネスや内観的な状態に導かれるとされています。
  3. 心の癒し:キャンドルの光や炎のゆらぎは、心の癒しに寄与すると考えられています。穏やかな光を見つめることで、心の安定や安心感を感じることができるかもしれません。また、キャンドルの香り付きキャンドルを使用することで、香りの効果も加わり、心地良い環境を作り出すことができます。
  4. ロマンチックな雰囲気の創出:キャンドルの明かりは、ロマンチックな雰囲気を演出するために広く使用されます。ディナーや特別なイベントの際にキャンドルを使うことで、暖かな雰囲気やロマンティックなムードを作り出すことができるかもしれません。

これらの効果は、個人の好みや状況によって異なるかもしれません。キャンドルの光を楽しむ際は、安全に使用し、火災やけがのリスクに注意しながら、心地良い環境を作り出すことが大切です。

 歴史上の出来事

Wikipediaより抜粋)

 記念日・行事・お祭り

ヨガの国際デー 世界中でヨガを楽しみ体・心・社会の健康を育む日として、国連総会で制定(国際デー)。日付は、6月21日が北半球において最も昼が長くなる二十四節気の「夏至」になることが多く、世界各地でこの日を特別な日とする考えが共有されていることから。
キャンドルナイトの日 「夏至」と「冬至」の夜8時から10時の2時間、電気を消してロウソクの灯火の下、ひとりひとりがゆっくりと考える時間を持つことを提唱する「100万人のキャンドルナイト」を広く知ってもらうため、100万人のキャンドルナイト事務局が制定。
日付は、全世界共通に訪れる日にすることで、主義や主張、立場や国籍の違いを超えていきたいという願いを込めて。
スナックの日 全日本菓子協会が制定。日付は、古くから「歯固め」と称して、正月と6月に硬い物を食べて歯を丈夫にし、長寿を願う習慣があり、夏至に行う歯固めでは、主にちまきやお正月の硬くなったお餅を食べていたことから、夏至になることの多い6月21日に。
がん支えあいの日 がんとの関わりを見つめ、支えあう日として、(特非)キャンサーリボンズが制定。日付は、6月21日が北半球でもっとも昼の時間の長い夏至にあたることが多いことから。
AGEについて考える日 老化の進行の原因物質であり、さまざまな病気にも関連するAGE(終末糖化産物)について考え、AGE値を測定することを広めるため、AGE測定推進協会が制定。
日付は、一年で最も昼の時間が長い夏至の日に、若々しく、長く、健康に生きることをAGEを通じて考えてもらいたいとの思いから、夏至になることが多い6月21日に。
冷蔵庫の日 暑い夏が来る前に冷蔵庫を点検して欲しいと、日本電機工業会が制定。日付は、冷蔵庫が最も活躍する梅雨から夏への節目の「夏至の日」に。

 本日の誕生日

6月21日には、本居宣長(国学者)、ジャン=ポール・サルトル(哲学者)、長山藍子(女優)、秋元順子(歌手)、都倉俊一(作曲家)、長谷川初範(俳優)、青山剛昌(漫画家)、松本伊代(タレント),ウィリアム王子(イギリス王室)、手嶌葵(歌手)が誕生しています。(敬称:略)