2月11日 – 今日は何の日?

2月11日 – 今日は何の日?

No Event

[スポンサーリンク]

 ピックアップ TODAY!

建国記念の日

建国記念の日と間違えて呼ばれているのが、建国記念日ですが、内閣府の「国民の祝日について」によると、建国記念の日は「建国をしのび、国を愛する心を養う」日と説明され、建国をしたという説明ではありません。

 

建国記念の日は、日本書紀に記載があった神武天皇の即位を祝う日(紀元節)が名称を変化させたものとされています。

しかし、建国記念の日を制定するにあたり、「神武天皇が実在するかも定かではなく、日本という国の正確な起源がわからないのに、記念日をつくるのはどうか」という意見が専門家からあがったとのことです。建国記念日という名称は、日本が建国された日として誤って認識されてしまわないように控えて、「日本が建国されたことを祝う日」として建国記念の日という名前が付けられたと言われています。

建国記念の日の由来は…紀元節」と呼ばれる昔の祝日に由来しています。

明治時代、日本の建国を祝う日として紀元節(きげんせつ)があり、初代天皇とされる神武天皇が即位した日が、紀元前660年の2月11日だったことから定められたようです。

紀元節は、1873年(明治6年)から第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)まで祭日として人々に親しまれていました。しかし、敗戦後に占領していたGHQ軍の意向により、廃止されることになりました。

 

その後、国民の間で紀元節を復活させようという動きが高まり、建国を記念するための日が設けられたようです。その際に、「紀元節」から「建国記念の日」へと名称となり、1966年(昭和41年)に国民の祝日として制定され、翌年から適用されることとなりました。

 歴史上の出来事

Wikipediaより国内抜粋)

 記念日・行事・お祭り

万歳三唱の日 1889年(明治22年)2月11日、帝国憲法発布の記念式典で初めて万歳三唱が行われことに由来します。
わんこそば記念日 岩手県名物のわんこそばと、わんこそばの完食数を競う「わんこそば全日本大会」をPRするため、わんこそば全日本大会運営委員会が制定。日付は、わんこそば全日本大会の開催日(2月11日)から。
初午いなりの日 初午とは2月最初の午の日のことで、稲荷神社では五穀豊穣を願う祭りが行われます。
初午は運気が高まる日とされ、稲荷神社のお使いであるキツネの好物の油揚げを使った「いなり寿司」を食べると福を招くといいます。
いなり寿司のことを「初午いなり」と呼ぶことを知ってもらいたいと、(一社)全日本いなり寿司協会が制定。日付は、初午となる日に近い祝日の「建国記念の日」と同じ日に。
出雲そばの日 日本三大そばの一つとされる出雲そばの歴史、食べ方、美味しさをPRするため、出雲そばの日記念日登録実行委員会が制定。日付は、信濃国松本藩の城主だった松平直政が出雲国松江藩への国替えを徳川家光から命じられた日(1638年2月11日)から。このときに松本から来たそば職人によって出雲松江地方にそばが伝わったとされます。
科学における女性と女児の国際デー 女性と女児が科学技術の分野において果たす重要な役割を認識し評価するため、国連総会で制定。
建国記念の日 建国記念の日は「建国をしのび、国を愛する心を養う」日として、1966年(昭和41年)の「祝日法」改正によって国民の祝日に制定されました。
日付は、日本神話の登場人物であり、古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇が紀元前660年2月11日に即位し、日本を建国したとされていることにちなみます。
実際には建国日が明確ではないため「建国記念日」ではなく、建国を祝う日として「建国記念の日」とされています。
仁丹の日 口中清涼剤「仁丹」をPRするため、森下仁丹(株)が制定。日付は同社の創業日(1893年2月11日)と仁丹の発売日(1905年2月11日)から。
文化勲章制定記念日 1937年(昭和12年)2月11日、「文化勲章令」が公布・施行され、「文化の発達に関し顕著な功績のある者」に対して文化勲章が授与されることになりました。
文化勲章の受章者は毎年5人程度であり、11月3日の「文化の日」(国民の祝日)に皇居宮殿松の間において天皇陛下から直接勲章が授与されます(親授式)。

 本日の誕生日

2月11日には、伊能忠敬(測量家)、トーマス・エジソン(発明家)、シドニィ・シェルダン(小説家)、池部良(俳優)、バート・レイノルズ(俳優)、野添ひとみ(女優)、小野ヤスシ(タレント)、セルジオ・メンデス(ミュージシャン)、クロード・チアリ(ギタリスト)、松岡きっこ(女優)、鳩山由紀夫(政治家)、益田由美(アナウンサー)、ロベルト・モレノ(レーシングドライバー)、シェリル・クロウ(ミュージシャン)、佐藤可士和(クリエイティブディレクター)、ホリ(ものまね芸人)、室伏由佳(円盤投・ハンマー投)、岸井ゆきの(女優)が誕生しています。(敬称:略)