今日の暦

令和4(2022)年
10月2日 (日)
神無月
 先負 戊 子
旧9月7日

2月15日 – 今日は何の日?

2月15日 – 今日は何の日?

 

 

 

ピックアップ TODAY!

春一番!…「春一番」とは、冬の北風とは逆方向で、その年に初めて南から吹きつける強風のことで、近づく春を感じさせてくれる風物詩です。

 

さて、「春一番」というと、キャンディーズの曲をもしかしたら、思い浮かべるかもしれません。この曲は、1976年3月1日に発売されたキャンディーズの9枚目のシングルで、1975年にリリースの「ハートのエースが出てこない」の次に生まれたヒット曲です。しかも前年に発売のアルバム収録曲からのシングル・カットで渡辺プロダクション所属の歌手の曲としては初の試みであり、シングル・テイクにブラス(管楽器)が追加されました。

「春一番」は全国の気象台で観測され、気象庁が発表します。立春(2月4日ごろ)から春分(3月21日ごろ)までの間に、日本海を進む低気圧に向かって、南側の高気圧から10分間平均で風速8m/s以上の風が吹き込み、前日に比べて気温が上昇することを発生条件としています。期間が限定されているので、「春一番」が発生しない年もあります。

 

「春一番」と名前だけでは、春の訪れを強くイメージしてしまいますが、急発達する低気圧の知らせでもあります。春一番をもたらした低気圧は、雪崩や融雪洪水や海難事故をもたらすことが多く、発生した竜巻で1978年には東京でも営団地下鉄(現:東京メトロ)の車両が橋の上で脱線・転覆する事故が起こりました。

 

もともと「春一番」または「春一」という言葉は、長崎の漁師の間で使用されていたものとする説があります。1859年(安政6年)、長崎県壱岐郡郷ノ浦町(現:壱岐市)の漁師が漁に出た際、強風で船が転覆し、53人の死者を出す事故があって、この事故で「春一番」という言葉は全国に広まったといいます。

 

また、「春一番」の語源や初出については諸説ありますが、1963年(昭和38年)2月15日の朝日新聞朝刊にて「春の突風」という記事があり、これが「春一番」という語の新聞での初出とされ、これに由来して2月15日が「春一番名付けの日」とされています。

記念日・行事・お祭り

涅槃会(ねはんえ)
涅槃講(ねはんこう)や涅槃忌(ねはんき)とも称し、陰暦2月15日、釈迦入滅の日に、日本や中国などで勤修される、釈迦の遺徳追慕と報恩のための法要である。
全日本スキー連盟設立の日
1925年(大正14年)のこの全日本スキー連盟が創立された。 1908年(明治41年)、札幌農学校に赴任したスイス人講師コラーが日本で始めてスキーを製作。
西行忌(さいぎょうき)
平安後期の歌人・西行法師(さいぎょうほうし)の1190年(文治6年)の忌日。法名の円位(えんい)から「円位忌」ともされる。
兼好忌
鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての歌人・随筆家の吉田兼好(よしだ けんこう)の1350年(正平5年)の忌日。
春一番名付けの日
「春一番」という言葉が初めて使われたことを記念した日。
 

歴史上の出来事

2019年(令和元年)
ドナルド・トランプ大統領が、メキシコとアメリカの壁建築を目的とした非常事態宣言を発令。
2005年(平成17年)
カリフォルニア州サンマテオYouTubeが設立される。
1989年(平成元年)
祝日法改正により、天皇誕生日が12月23日となり、4月29日はみどりの日に。
1989年(平成元年)
アフガニスタン紛争: ソ連軍のアフガニスタンからの撤退が完了。
1981年(昭和56年)
日本劇場が閉館。日劇ダンシングチーム (NDT) が解散。
1965年(昭和40年)
カナダの国旗が、それまでのユニオンジャック入りのものから、現在のサトウカエデの葉をデザインしたものに改定。
1955年(昭和30年)
文部省が、重要無形文化財指定制度に基づく第一次指定を告示。初の人間国宝認定。
1948年(昭和23年)
日本で司法省を廃止し法務庁を設置。
1942年(昭和17年)
第二次世界大戦太平洋戦争シンガポールのイギリス軍が山下奉文中将率いる日本軍に無条件降伏。
1900年(明治33年)
田中正造が、足尾鉱毒問題解決のために憲政本党を離党。
1897年(明治30年)
 京都鉄道二条駅 – 嵯峨駅(現在の嵯峨嵐山駅)が開業。現在の山陰本線の初の開通区間。
1892年(昭和25年)
第2回衆議院議員総選挙
1926年(大正15年)
東京横浜電鉄(現・東急電鉄)が今の東急東横線に当たる多摩川園〜横浜を開業。
1883年(明治年)
渋沢栄一らが日本初の電力会社・東京電燈を設立。
1877年(明治10年)
西南戦争西郷隆盛率いる薩摩軍の部隊が、熊本へ向けて鹿児島を出発。
1867年
ヨハン・シュトラウス2世のワルツ『美しく青きドナウ』が初演。

今日の誕生日

  • 1564年 – ガリレオ・ガリレイ、物理学者、天文学者(1642年逝去)
  • 1836年 – 松平容保、陸奥会津藩主、京都守護職( 1893年逝去)
  • 1877年 – ルイ・ルノー、実業家、ルノー創業者(1944年逝去)
  • 1898年 – 井伏鱒二、小説家(1993年逝去)
  • 1905年 – ハロルド・アーレン、作曲家(1986年逝去)
  • 1917年 – 小佐野賢治、実業家(1986年逝去)
  • 1920年 – 坂田栄男、囲碁棋士(2010年逝去)
  • 1926年 – 松谷みよ子、児童文学作家(2015年逝去)
  • 1929年 – グラハム・ヒル、レーシングドライバー(1975年逝去)
  • 1931年 – 和田弘、歌手(2004年逝去)
  • 1932年 – 白土三平、漫画家(2021年逝去)
  • 1937年 – 山根伸介、チャンバラトリオ(2015年逝去)
  • 1939年 – 広川太一郎、声優(2008年逝去)
  • 1941年 – 中山大三郎、作曲家、作詞家(2005年逝去)
  • 1942年 – 近藤正臣、俳優
  • 1943年 – 清水章吾、俳優
  • 1945年 – わたせせいぞう、漫画家
  • 1948年 – 大古誠司、バレーボール選手、監督
  • 1954年 – 立川志の輔、落語家
  • 1955年 – 米村でんじろう、サイエンスプロデューサー
  • 1956年 – 浅田美代子、タレント
  • 1956年 – 井出洋介、プロ雀士
  • 1962年 – 畑恵、アナウンサー
  • 1967年 – 堀ちえみ、女優、タレント
  • 1968年 – 月亭方正、落語家、タレント
  • 1968年 – 浅田弘幸、漫画家
  • 1968年 – 和央ようか、女優、歌手、元宝塚歌劇団宙組主演男役スター
  • 1971年 – レイ・セフォー、格闘家
  • 1972年 – 桜井誠、作家、市民活動家
  • 1974年 – 池田貴史、ミュージシャン
  • 1976年 – シリル・アビディ、格闘家
  • 1978年 – インリン・オブ・ジョイトイ、タレント
  • 1979年 – 斎藤司、お笑いタレント(トレンディエンジェル)
  • 1989年 – 西脇綾香、歌手(Perfume)
  • 1999年 – 原英莉花、プロゴルファー
  • 2001年 – 丹生明里、アイドル(日向坂46)